キャッシング助かった

Yap

キャッシングのおかげで助かった話

2年ほど前、東京で一人暮らしをしていた僕は、アパートの更新のことをすっかり忘れていました。

2年毎に更新料として、家賃2ヶ月分を収めなければならないのですが、貯金を一切していませんでした。

このままでは更新料を払うことができないため、とても困っていました。

実家に相談することも考えたのですが、家の事情であまり迷惑をかけられないので、他の方法を探していました。



そんな時、テレビのコマーシャルをみて、キャッシングを利用してみようと思いつきました。

お店に行って審査を受けてみたところ、50万まで借りることができるとのことでした。

そのお金を借りることで、家賃の更新料をきっちり支払うことができました。



返済も月々1万円程度でしたので、調整すれば問題ない金額でした。

今現在も返済は続いていますが、特に困るようなことは起きていません。

キャッシングに対してもともとあまり良いイメージはもっていませんでしたが、いざ使ってみるととても安心できるものだとわかりました。